アーティスト - ダンスホール・レゲエ

ビーニ・マン(BEENIE MAN)とは│レゲエ・アーティスト

更新日:

キング・オブ・ダンスホール「BEENIE MAN」。

小さいころから活動を始めステージに立っていた彼。

ダンスホールレゲエのアーティストとして世界的に活動をしています。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

ビーニ・マン(BEENIE MAN)とは

ビーニ・マンとは、93年あたりから10年以上もの人気を保っている。

パトワ語では「小さい人」を意味します。

ニックネームは、「Doctor(ドクター)」や「King of Dancehall」です。

ダンスホールレゲエの初期から今まで全盛期すべてのダンスホールの中で活動してきました。

 

 

 

歴史

ビーニ・マンこと本名:アンソニー・モーゼス・デービス(Anthony Moses Dvis)は、ジャマイカの

キングストン、ウォーターハウス地区で生まれました。

5歳の頃に、音楽業界にいた叔父(Sydney Knowles)の薦めからディージェイを開始することになります。

Sydney Knowlesはジミー・クリフのパーカッション担当だった。

叔父がツアー帰ってくると、大御所のプロデューサーやシンガー達も一緒に家に来ていたため、

そこから音楽がビーニ・マンのところへ運ばれてきていました。

それらが、音楽を始めたいと思ったきっかけでした。

 

7歳の時には、テイスティー社主催のタレントコンテストで優勝を果たしています。

 

10歳では、バニー・リーのプロデュースから初のアルバムをリリースしている。

その後、10年の時を経て1993年頃、バウンティ・キラーとのクラッシュをきっかけに注目を浴びることとなります。

そのクラッシュのためにレコーディングした曲がパトリック・ロバーツのレーベル「ショッキング・ヴァイブス」を中心に

次々とヒットしました。

 

翌1994年には、年間最優秀男性DeeJay賞を受賞しています。そして同時期にラスタ改宗。

2000年にはメジャー初アルバムとなる「Art and Life」は第43回グラミー賞において最優秀レゲエ・アルバム賞を獲得。

続々と賞を受賞しています。

2007年にはなんと横浜レゲエ際に出演したりと、来日もしばしば。

 

2006年8月ではジャマイカ人女性アーティスト、ディ・エンジェルと結婚をして一児をもうける。

しかし2007年には離婚。

 

 

 

 

 

-アーティスト - ダンスホール・レゲエ

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.