アーティスト - ダンスホール・レゲエ

ジョー・ヒッグス(Joe Higgs)とは│レゲエ・アーティスト

投稿日:

「レゲエの父」と呼ばれるジョー・ヒッグス。

かの有名なウェイラーズのメンターとして語られることが多いです。

実際は、ウェイラーズのメンターってだけでなくて、

レゲエ全体のメンターな存在です。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

ジョー・ヒッグス(Joe Higgs)とは

レゲエ音楽ジャンルのメンタージョー・ヒッグス。

ジャマイカ音楽の最重要人物の一人です。

 

彼はスカ誕生前のジャマイカで、ヒッグスが18歳でヒッグス&ウィルソンとして

エドワード・シアガのWIRRに録音した「Manny Oh」がデュオ最初の曲です。

 

 

 

歴史

1940年、ジャマイカのキングストンで生まれます。

1958年に、ロイ・ウィルソンと共にヒッグス&ウィルソンを結成し、

1959年エドワード・シアガのWIRKレーベルからの「Manny Oh」でデビューを果たします。

同楽曲はジャマイカ国内だけで2万5千枚を超える売り上げを記録し、

ジャマイカの音楽産業における最初期のヒット曲となった。

1962年活動をソロに転向します。この頃から、トレンチタウンで

ジミー・クリフ、ボブ・マーリー バニー・ウェイラー、ピーター・トッシュ

デリック・ハリオット、ジュディ・モワット、ウェイリングソウルズらに音楽を教えます。

そういった過去もあり、レゲエの父となります。

 

1999年12月11日に、残念ながら癌により、他界します。

 

 

 

 

 

-アーティスト - ダンスホール・レゲエ
-

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.