(参照画像:引用先

アーティスト - ダンスホール・レゲエ

ルチアーノ(Luciano)とは│レゲエ・アーティスト

投稿日:

ガーネット・シルクを筆頭に90年代初期に登場したラスタ・シンガーの一人です。

そんな彼は [ 現代のデニス・ブラウン ] という賛辞を掲げられています。

現在でもジャマイカを代表するラスタ・シンガーの一人となっています。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ルチアーノ(Luciano)とは

ルチアーノは、バリトン・ヴォイスから高名なオペラ歌手から名前を取ってこの名前を名乗るようになりました。

今ではジャマイカのコンシャス・レゲエ・ブームの牽引者としてシーンを担っています。

 

ダンスホールにラスタファリアンの影響を織り込んだのは"Tony Rebel""Garnett Silk"等のアーティストによって実現されたことですが、そんなGarnett Silkが194年後半に亡くなったことにより、多くのファンがLucianoにその意思を引き継ぐように願ったそうです。

 

 

 

 

 

歴史

1974年彼はジャマイカのマンチェスター教区でジェファー・マクリモントという名で生まれました。

1992年に最初のシングル「Ebony & Ivory」をリリースします。

他にもアクエリアスやマウマウ、ニュー・ネームやビッグ・シップなどのレーベルでレコーディングは行っていたが、目立ったヒットはなかった。

 

しかし、フィリップ"ファティス"バレルに認められ、エクスターミネーターで録音をするようになってから彼の才能が開花していきます。

1993年にシングル「Chant Out」「Poor and Simple」をリリースし、イギリスのレゲエチャートにもランクインを果たします。

さらに同時期にアルバム「Moveing Up」もリリースしています。

 

1994年ではアルバム「One Way Ticket」をリリースしました。

 

翌年の1995年では、ボブ・マーリーを世に輩出したイギリスのメジャーレーベル、Chris Blackwellによるレーベル”Island”ジャマイカから大ヒットアルバムをリリースします。

それは、「Where There Is Life」です。

 

このアルバムには、ヒット曲の「Who Could It Be」「It's Me Again Jah」とタイトル曲を収録しています。

 

1997年にはIslandからセカンドアルバムの「Messenger」をリリースしました。

 

こうして世界的に名が売れるようになりました。

 

1990年代半ばから後半にかけての彼のレコーディングはXterminaatorレーベルでが多かったが、1999年に訣別することになりました。

上記の期間での彼のヒット曲は1999年の「Sweep Over My Soul」でフィーチャーされています。

 

その後はSizzlaAnthony Bと共にコンピレーションアルバムをリリースしたり、Jet Star から「Great Controversy」と2001年にはVP Recordsから「A New Day」がリリースしています。

後者のアルバムは、有名なサックス奏者"ディーン・フレイザー"もプロデューサーとして参加しており、2002年にグラミー賞でベストレゲエアルバムにノミネートされています。

 

2003年にはブラック・スコーピオ政策の「Serve Jah」をリリースしています。

2004年では「Serious Times」をリリース。

2005年ではDrop Leafリディムに乗せた「For The Leaders」、ジャミーズから「Dancehall Style」をリリースし大ヒットを記録しています。

 

2009年ではUSAチャリティーソングであり、マイケルジャクソンへのトリビュートソング、レゲエVer「We are the World」をリリースしています。

 

近年では2016年にアルバム「Zion Awake」がグラミー賞のベストレゲエアルバムにノミネートされました。

 

 

 

 

 

最後に

このように彼は今もレゲエ界で重要な人物であり、コンスタントに活動をしています。

現ラスタファリアン・レゲエ・アーティストの中では最も注目されているアーティストではないでしょうか。

そんな彼のラスタを感じつながら曲を聞いてみて下さい。

-アーティスト - ダンスホール・レゲエ
-, ,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.