アーティスト - ダンスホール・レゲエ

SIZZLA(シズラ) とは│ダンスホールレゲエアーティスト

投稿日:

今回は、ブランニュー系のラスタファリズムアーティスト「Sizzla」。

彼の音楽性は、ルーツ色を漂わせる曲から、ダンスホール的なナンバーまで。

非常に多作の曲をリリースしている人気アーティストになります。

そんなSizzlaにフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

Sizzla(シズラ)とは?

Sizzlaは、ジャマイカのレゲエ歌手です。

ラスタファリ運動家の両親に生まれて、両親と同じように

ポポ・アシャンティ派に加わることになる。

そして彼はそんな宗教的な信念から、ホモセクシュアルなどの

同性愛者に対して、攻撃的なメッセージを発していました。

今では、上記の理由でアメリカやヨーロッパなどのツアーが

キャンセルになったり入国拒否されたり等トラブルがありました。

 

なので今では、同性愛者批判をしないという

同意書にサインをしたと言われています。

 

彼はコンスタントに曲をリリースしているため、

非常に多くの曲をがあります。

共演等含めたら、シングルだけで1000枚くらいは超えてるだとか。笑

それだけ大活躍している本場のアーティストなのです。

 

 

歴史

かれはケイヴマン・ハイファイというサウンドシステムで

ディージェイのキャリアをスタート。

そのキャリア初期のころから、メッセージ性の強い作詞をしており、

1995年には、「Zagalou(サガロウ)・レーベル」からレコードデビューを果たし、

デビューアルバムとなる「Burning up」も発表しています。

 

その後もコンスタントに「Praise Ye Jah」

「Black Woman & Child」のアルバムを発表していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-アーティスト - ダンスホール・レゲエ

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.