アーティスト - ダンスホール・レゲエ

ティーオーケー(T.O.K.)とは│ダンスホール・レゲエ・アーティスト

投稿日:

ティー・オー・ケー(T.O.K.)とは、ダンスホール・レゲエの

シンガーとDeejayの4人組グループです。

この新しいニュージェネレーションで新時代を切り拓いていました。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

ティー・オー・ケー(T.O.K.)とは

「 T ダッ O ダッ K ーーーー!」で有名なTOK。

彼らは、冒頭でもお話しましたが、

シンガーとDeejayの組み合わせ4人組グループです。

 

90年代中期頃から、ダンスホール・クルーがいくつか現れ流行りました。

エレファント・マンがメンバーで所属していたスケア・デム・クルーや

現在ソロ・シンガーとして活動中のゴーストが所属していたモンスター・シャック・クルーだったり。

ソロではキャリアがままならぬアーティストが集まってクルーになったりして、

ブレイクして注目を浴びるようになったら、各々ソロ活動へ~と言うのも多いが、

このT.O.K.はずっとクルー1本で活動をしているのが特徴的ともいえるだろう。

 

メンバーは、

アレックス(Alex) 本名:アリステアー・マッカ―ラ(alistaire McCalla)

フレックス(Flexx) 本名:ザビエル・デヴィッドソン(Xavier Davidson)

ベイC(Baby-C) 本名:ロシュアン・クラーク(Roshuan Clarke)

クレイグT(Craig-T) 本名:クレイグ・パトリック・アンソニー・トンプソン(Craig Patrick Anthony Thompson)

上記4名から構成されています。

 

1990年初頭にダンスホール・レゲエのシーンに登場し、

多くのヒット曲とアルバムをリリースしました。

「Eagles Cry」なんかは国際的な成功を収めています。

 

2000年代前半、彼らは国際的に

ダンスホール・レゲエの人気グループへ上り詰めます。

米国市場等でも、ビルボードトップレゲエアルバムチャートでトップ10に入ったりしています。

 

さらに最近で行くと、Major Lazer と協力し、EDM要素を組み込んだ

「Shell It Down」といったシングルをリリースしています。

いろんな視点から活躍を繰り広げていました。

 

しかし、残念ながら、フレックスはソロのキャリアを追求するために去り、

グループは解散することとなりました。

 

 

 

 

 

最後に

あまり本場レゲエの事を知らない人でも知名度のあるT.O.K.です。

いろんなサウンドがMixCDでT.O.K.の曲を使ってますからね。

そんなT.O.K.が解散してしまって残念ではありますが、

ソロで活動している個々人を応援してあげましょう。

そして彼らはソロでもきっと間違いない曲をリリースしていくと思います。

-アーティスト - ダンスホール・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.