(参照画像:引用先

サウンド - ダブ・レゲエ

Panda dub (パンダダブ)とは│ダブ・プロデューサー

投稿日:

Panda dubとは、フランスやイギリスなどで国際的なダブシーンにて活躍をしているダブ・プロデューサーです。

個性的なスタイルで、攻撃的、重圧的なステッパーが印象強いです。

今回はそんなダブ・プロデューサーにフィーチャーしていきます。

 

 

 

 

Panda dubとは

Panda dub プロジェクトは、2007年にLyonで生まれました。

フランスとイギリスのダブシーンに影響を受けたPanda dubは、個性的なスタイルで曲を製作していきます。

彼の特徴は、エスニック感漂う音色を使ったり、エッジのきいたパワフルなエレクトロチューンであったり。

それらがうまい事まとまって重圧奏でるステッパーチューンになっているのです。

 

2007年から2009年にかけて、「Born 2 Dub」「Bamboo Roots」のアルバムがネットで評判を呼び、知られるようになりました。

Born 2 Dub

 

Bamboo Roots

 

2009年と2010年では、彼はネットレーベル”Original Dub Gathering”と協力して、シングル「Subcontraire」「Black Bamboo」をリリース。

 

2011年では、Panda dub雄一のVersion CD 「Antilogy」を自主制作しています。

 

2013年では「Psychotic Symphony」のリリースをしています。

 

2年間の世界ツアーと6カ月の制作の後、2015年4月にアルバム「Lost Ship」をリリースしました。

 

2017年では、ODGProdレーベルからニューアルバムを無料で配布リリースし、ファンに提供しています。

 

 

 

 

 

最後に

Panda dub の特徴でもある、楽曲の無料配布。

彼は多くの無料配布を行っています。

Band Camp等々チェックを欠かさないように。

そして、多くの力強いステッパー、癖になる楽曲を見つけ、たくさん聞いてほしいです。

-サウンド - ダブ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.