アーティスト - ロックステディ・レゲエ

Alton Ellis(アルトン・エリス)│ロックステディアーティスト

投稿日:

レゲエの先駆けの音楽ジャンル、

ロックステディといえばAlton Ellis(アルトン・エリス)ですよね!

そんなロックステディを確立した一人のアルトンエリスについて

今回はフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

Alton Ellis(アルトン・エリス)とは?

アルトン・エリスとは、冒頭でも挙げましたが

ロックステディを確立した音楽家の一人として知られています。

「ゴッドファーザー・オブ・ロックステディ」「ミスター・ソウル・オブ・ジャマイカ」

なんて異名を持ち合わせている有名人です。

やはりロックステディといったらアルトン・エリスと言う人も多い程。

 

レゲエへの影響も強く、多くの素晴らしい曲を残した。

 

 

歴史

1938年に西キングストンで、音楽一家で生まれた。

1955年、学校を卒業したのち、ダンサーとして活動しており、

コンテストに2回ほど優勝した過去もある。

が、そこから彼は歌手へ転向することに。

1957年に当時友人だった「Eddie Perkins(エディ・パーキンス)」と

アルトン&エディというコンビを結成した。

 

1957年から1960年にかけて、コクソン・ドッド(後のスタジオ・ワン)などのレーベルで

R&Bの曲を数曲録音したりして活動をしていた。

1959年では超胸に響くようなラブソング「Murial」をコクソン・ドッドの元で録音し、

自身のレーベル「Worldisc」からリリース。

これが彼らのデビュー作であり、ジャマイカとイギリスで超大ヒットをした曲である。

そのあとも「My Heaven」をつづけてリリース。

他にもリリースを続けていくが、国際的大ヒットした「Murial」のギャランティーの低さに

アルトン・エリスは失望し、一時期音楽の活動を離れる。

一方で、エディ・パーキンスはタレント活動のためにアメリカへ飛び立ち

長期滞在をしていたため、アルトン&エディというコンビは自然消滅することになった。

 

音楽活動を離れたエリスだが、やはり夢を諦めることができずに

また音楽活動をトレジャー・アイル(Treasure Isle)で再開することになる。

 

1966年、ロックステディが流行りはじめ、

アルトン・エリスはこのロックステディ黄金時代で

このジャンルのトップとして活動することになる。

 

その後トレジャー・アイルのライバル「スタジオ・ワン」を運営する

コクソン・ドッドから目を付けられ、好条件で再契約の申し入れを受けることになる。

それを承諾し、エリスはスタジオ・ワンで活躍をすることになった。

しかし、また金銭面でコクソン・ドッドと揉めたエリスは、腹いせに

またトレジャー・アイルからアルバムをリリース。

そのせいでドッドから契約不履行として訴訟されるも、

エリスはアメリカに逃亡。しばらくして戻ってきたら訴訟も取り下げられており、ドッドと和解。

それによりエリスはスタジオ・ワン、トレジャー・アイルの2大レーベルから

作品を発表できる数少ないアーテストの一員となっていました。

 

そして活動をつづけるも、2008年にがんのため死去しました。

 

 

 

最後に

アンチルーボイの愛を歌っていたエリス。

ロックステディといったらあの甘い声が浮かんできます。

まさに彼が一番のLOVE & PEACE だったのかもしれません。

最後まで謙虚なままで決して威張るような人ではなかったそう。

そんな彼のLock Steady をみなさんも是非チェックしてください。

-アーティスト - ロックステディ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.