アーティスト - ニュールーツ・レゲエ アーティスト - ルーツ・レゲエ

アスワド(Aswad)とは│レゲエアーティスト

投稿日:

イギリス(UK)にて結成されたレゲエ・バンド「アスワド」

イギリスのレゲエのルーツ・レゲエバンドの先駆者です。

このレゲエ・バンドも非常にメッセージ性が強い歌が多いです。

今回はそんな彼らにフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

アスワド(Aswad)とは?

冒頭でもお話したように、UKのルーツ・レゲエ・バンドです。

UKのポップ・チャートにも乗るような成果も成し遂げています。

バンド名の「アスワド(Aswad)」はアラビア語で「黒」を意味します。

 

結成した当時は、ノッティング・ヒル暴動の様子を歌った「Three Babylon」

メッセージ性の強いルーツ・ロック・レゲエを演奏していました。

しかし、イギリスの社会状況が向上していくと、

彼らの音楽はどんどんとポップさを増していきます。

なので、彼らの深い曲が聞きたければ古い曲を聞くとよいでしょう。

また、古いルーツ・ロック・レゲエにまだなじみがない方は、

新しめの曲からだんだんと古い曲を聞いていくことで

ルーツ・ロック・レゲエの良さが徐々にわかっていくでしょう。

 

 

歴史

1975年にイギリスにて結成されたアスワド。

結成時のオリジナルメンバーはブリンズレー・フォード、ジョージ・オバン、

ドラミー・ゼブ、ドナルド・グリフィス、コートニー・ヘミングスの5人です。

翌年ヘミングスが脱退し、トニー・ガッドが加入しました。

 

デビュー・アルバムは、「New Chapter」

それ以降は、ブリンズレー、ドラミー、トニーの三人組となります。

 

ブリンズレーの主演映画「バビロン」に使用された「Warrior Charge」

からのUKダブの金字塔「A New Chapter Dub」をリリースする頃には、

ドレッドの髪が伸び、アズワド=ルーツというイメージが定着していた。

 

しかし、彼らはガチガチのルーツバンドってわけではありません。

確かに一時期ルーツな曲をリリースしていましたが、

ドラミ―に関しては、10代半ばからラヴァーズ・ロックの名曲でドラムを叩いてきています。

ガチなルーツ時代でも、彼らはライブでロック・ステディ調のナンバーを歌っています。

 

そのため、「Don't Turn Around」がポップ・チャートで1位を獲得等

ルーツファンからは、「アスワドはポップ調に移行していった」と言うような

イメージが付いてしまいがちだが、実は元々からジャズの影響も強かったバンドで、

ルーツルーツしおらず、新しい音楽に適時対応、愛を歌うようなバンドだったのだ。

 

 

 

 

最後に

上記のように、彼らは、根っからのルーツ・ロックマンではありません。

なので、ルーツ初心者がアスワドのポップな曲から聞き始め、

ルーツな曲にシフトしていき、好きになっていくには適当なバンドだと思っている。

ルーツにまだ入りづらいという方は是非

アスワドの新しめからどんどん古い曲を深堀してくといいのでは。

-アーティスト - ニュールーツ・レゲエ, アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.