アーティスト - ルーツ・レゲエ

ビッグ・ユース(BIG YOUTH)とは│レゲエアーティスト

投稿日:

ルーツ・レゲエの時代から活躍をしているディージェイです。

切れがあり、引き込まれるような歌声が特徴的な彼。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

ビッグ・ユース(Big Youth)とは

ビッグ・ユースは、ルーツ・ロックレゲエ時代に

活躍をしていた「シング・ジェイ」の名人です。

ディージェイでもあり、シンガーでもあるスタイルです。

10代の若いころから身長が大きいが故に「ビッグ・ユース」と呼ばれていた。

 

 

 

 

 

歴史

1949年4月19日にキングストンのトレンチタウンで生まれます。

 

本名は「マンレイ・オーガスタス・ブキャナン」です。

 

20歳のころから、当時のトップであった

「ティッパー・トーン・サウンドシステム」のDeejayとして名前が知られるようになり、

プロデューサー達から注目を集めていた。

 

そんな中1969年にガッシー・クラークの元で「The Killer」を製作し、ヒットした。

その後も順調に大活躍。人気を支持します。

曲のノリが明るめで、それがみんなから受けていたのかもしれませんね。

当然すべての曲がそうってわけではありませんが、

ゲットーからのメッセージを歌にしているので、スーパーネガティブ精神な曲はありません。

 

1973年に自身のレーベルを設立。

その後もバリバリ世界各国で活動を行っていました。

その中で、息子「タファリ」とコラボしたりと面白い事を積極的に行っている様子。

 

 

 

 

 

最後に

ルーツな歌声、その中にも切れがあり、陽性なノリを体感してみて下さい。

きっと、あなたもビッグ・ユースを好きになる事でしょう。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.