アーティスト - ルーツ・レゲエ

ブラック・ウフル(Black Uhuru)とは│レゲエ・アーティスト

投稿日:

メンバーチェンジを繰り返しながらもずっと活動が続いている

ヴォーカルグループのブラック・ウフル。

ウフル(ユフル)は、スワヒリ語で「自由」を意味します。

これを知ったときウフルと言う言葉が好きになりました(笑)

今回はそんなグループにフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ブラック・ウフル(Black Uhuru)とは?

ブラック・ウフルとは、レゲエの初期から活動をしているヴォーカル・グループです。

国際的に、「自由」というメッセージを届けています。

スライ&ロビーが参加した、ブラック・ウフルの黄金期の作品の一つとしては、

「Chill Out」というものがあります。

 

是非聞いてみて下さい。

やっぱりブラック・ウフル渋いっす。

 

 

 

 

歴史

ブラック・ウフルは、1970年代初期、キングストンのウォーターハウスで結成されました。

当時のメンバーは、「ドン・カルロス」「ガース・デニス」「デリック・ダッキー・シンプソン」の3人で、

何曲かリリースをするもなかなかうまい事ヒットはしませんでした。

そんなことから、ガース・デニスはウェイリング・ソウルに加入をし、ドン・カルロスはソロ活動をするようになります。

残ったデリック・ダッキー・シンプソンは、ジェイズのシンガー「エロール・ネルソン」

ソロ・シンガーとして活動していた「マイケル・ローズ」を招き入れ新生ブラック・ウフルとして活動を開始します。

 

プリンスジャミー(後のキング・ジャミー)で「Love Crisis」(77年)等をリリースしていきます。

その後は、エロールがジェイズに戻っていきました。

 

そんなことから、ラス・マイケルのところでダンサーをしていた女性コーラスの

「サンドラ・ピューマ・ジョーンズ」が加わる事となります。

それによってグループのヴォーカル雰囲気が一新します。

 

さらに、メンバーと幼馴染だったスライ・ダンパーがこの構成を非常に気に入り、

スライ&ロビーが全面的にこのグループをバックアップしました。

 

そんなことから1979年に「Showcase」という名作をリリースしました。

翌年には、アイランド・レコードと契約をし「Sinsemilla」が全世界的に発売されました。

 

スライ&ロビーのゴリゴリなベースにダブワイズ。からのヴォーカル。

皆の個性がそれぞれ際立っています。

 

その後1981年に「Red」、1982年に先程紹介しました「Chill Out」

1985年に「Anthem」をリリースしました。

Anthemにかんしては、グラミー賞ベスト・レゲエ・アルバムを受賞しています。

このグラミー賞を最後にマイケル・ローズが脱退してしまいます。

後釜として、ソロ活動をしていたジュニア・リードが抜擢されます。

その後に「Fit You Haffe Fit」をヒットさせます。

そしてアルバム「Brutal」を1986年にリリースしています。

 

そしてルーツ・ロック・レゲエの時代が終わっていき、

またメンバーの入れ替わりがあります。

一回またオリジナルメンバーに戻ったり、

それにプラスして若手のラスタシンガーを追加したりと。

 

そんなこんなでこれからも活躍をしていくのでしょう。

 

 

 

 

 

最後に

ルーツ・ロック・レゲエの要チェックグループ、ブラック・ウフル。

いかがでしょう。歌声を聴いたらあ引き締まっているかつ、芯のある土臭いザ・レゲエサウンド。

ハマったらきっとみんな癖になります。

是非ビッグ・グループの曲を聴いてみて下さい。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.