アーティスト - ルーツ・レゲエ

コーネル・キャンベル(Cornel Campbell)とは│レゲエ・アーティスト

投稿日:

コーネル・キャンベルは、レゲエ・シンガーです。

スタジオ・ワンで活動を行っていました。

ロックステディからルーツレゲエまで、様々な曲を手掛けています。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

コーネル・キャンベル(Cornel Campbell)とは

レゲエ・シンガーのコーネル・キャンベル。

彼の特徴は、ファルセットボイスにメランコリックな音程感。

そんな彼は、甘いロックステディから渋いルーツレゲエまでマルチに対応している。

 

彼は、他の有名なレゲエ・アーティスト同様

少年時代に教会で歌う所から音楽の道を目指し、アーティストになっています。

 

 

 

 

 

歴史

コーネル・キャンベル(Cornel Campbell)は1945年に生まれました。

12歳の時に、地元の教会「クワイア」で歌手としての活動を始めた。

14歳の時は、トロンボーン奏者のリコ・ロドリゲスに紹介され、

コクソン・ドッドのスタジオ・ワンで初のシングル「マイ・トレジャー」をリリースします。

この曲は、ジャマイカの音楽がR&Bからスカへ移行していく時期に録音されたものです。

バック演奏は「ザ・スカタライツ」

 

ザ・スカタライツの先輩らから学び成長した彼は、

ジミー・ライリーらと「ザ・センセーションズ」を結成します。

ザ・センセーションズを解散した後、

キャンベルは自身がリーダーとなり

ボーカルグループ「ザ・エターナルズ」を結成します。

このグループでは、「Stars」「Queen Of The Minstrel」

ヒット曲をリリースしています。

1971年からソロとなり、バニー・リーと共に活動を始めます。

初期は、ラバーズ・ロックを歌っていたが、徐々にルーツ・ロックを歌うようになります。

1973年にはソロのデビューアルバムをリリースします。

その後1970年代中盤に「Dance In A Greenwich Farm」「Gorgon」などの

当時のダンスホール・チューンや「Duke Of Earl」「Undying Love」等の

甘い曲をリリースしていきます。

この頃は上記のように様々な曲を歌っており、

甘い曲の中にもキラーな雰囲気を持たせていた特徴があります。

 

1980年代から1990年代にもリリースを続け、

現ダンスホールシーンや、ヨーロッパのレゲエ/ダブ・シーンでも

フィーチャーされているのは、彼特有の歌声、歌い方にあるのではないだろうか。

 

 

 

 

 

最後に

1980年代半ば以降は、新しいレコーディングが行われなくなっていきますが、

2000年にもリリースがなされています。

過去の全盛期の曲から、新しめのリリース曲も彼の特徴的な

甘くもキラーを残すファルセットヴォイスを感じて下さい。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.