アーティスト - ルーツ・レゲエ

カルチュラル・ルーツ(Cultural Roots)とは│レゲエ・アーティスト

投稿日:

カルチュラル・ルーツ(Cultural Roots)とは、

濃厚なルーツ・ロック・レゲエのヴォーカルグループです。

ダンスホール・スタイルの流れにルーツのディープさを混ぜ合わせたような

曲をリリースしていることが特徴です。

今回はそんな彼等にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

カルチュラル・ルーツ(Cultural Roots)とは

レヴォルーショナリーズとの絡みの合ったヴォーカルグループです。

活動は1970年後半から90年代前半程までに活躍をしていたグループです。

 

ドノヴァン・ジャーメインがペント・ハウス・レーベルを始めるよりも前の

「ジャーメイン・レヴォルーショナリー・サウンズ」というレーベルで活躍していた頃

プロデューサーとして非常にバックアップしていたグループです。

 

1970年代後半で「Blackie Blackie」等のシングルを発売し、

初のLP「Cultural Roots」をリリースしています。

1978年には、「Cultural Roots」のダブ・アルバムも存在しています。

 

その後、ルーツ・クラシックとして有名な

「Mr. Boss Man」が収録されているLP「Drift Away From Evil」

1982年にジャーメインの下でリリースされています。

 

LPに収録されなかった楽曲は、現在ネットにて購入可能な様子。

 

1984年には、アルバム「Hell A Go Pop」をリリースします。

これは、Henry Junjo Lawes の下で録音され「Volcano」レーベルから

リリースされています。

内容はどっぷり深いヘヴィ・ルーツな作品である。

しかしながらリリースされた時期がダンスホール全盛期だったこともあり、

それほど爆発的なヒットには至らなかった。

 

 

 

 

 

最後に

ダンスホールにレゲエが移行していく中で

深いヘヴィ・ルーツ・レゲエを歌っていたヴォーカル・グループ。

当時は流行らなかったものの、

現在ルーツ・レゲエを改めて聴くには、

非常にその良さがわかるのではないだろうか。

是非彼らのルーツであり、時期であるダンスホールを

上手く混ぜ合わせた曲を聞いてみて欲しい。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.