アーティスト - ルーツ・レゲエ

アール・ゼロ(Earl Zero)とは│レゲエ・アーティスト

投稿日:

アール・ゼロ(Earl Zero)とは、

ジャマイカのルーツ・レゲエ全盛期に活動していた

シンガー・ソング・ライターです。

バニー・リーの下でも録音を行っていました。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います

 

 

 

 

 

アール・ゼロ(Earl Zero)とは

ルーツ・レゲエがジャマイカで浸透していた時期に活躍していた

シンガー・ソング・ライター

2000年でもアルバムのリリースを続け、活動している。

 

「In The Right Way」の同名曲は、ロッド・テイラーが歌っていたのと同じ曲である。

 

 

 

 

 

歴史

アール・ゼロ(Earl Zero)ことアール・アンソニー・ジョンソン(Earl Anthony Johnson)は、

1953年にキングストンのグリニッジタウン地域で生まれました。

1970年代から彼は音楽活動を始めます。

幼少期からの友人であるアール・チナ・スミス(Earl "Chinna"Smith)と共に

ラッシュ・イット(Rush-It)というグループで活動を始めました。

バニー・リーの下で録音をしたとき、

同じ名前の「アール(Earl)」をチナ・スミスと

区別をするために「アール・ゼロ」と命名されたとのこと。

 

70年代、コンスタントに

グリニッジタウンのプロデューサー達の下で録音をします。

ルーツ・トラディションのドン・マイス

フリーダム・サウンズのバートラム・ブラウン

トミー・コーワンなどと共に仕事を行い数多くの作品をのこします。

1974年では、ジョニー・クラークによって録音された曲がヒット。

アル・キャンベルの下での「Righteous Works」

ゼロの最初の歌手としての成功した曲です。

 

フィリップ・フレイザー、ロッド・テイラー、プリンス・アラたちは、

同じコミュニティで活動を行っていた仲間です。

 

この時期の曲たちは、1979年にリリースされた2枚のアルバム

「In The Right Way」「Visions Of Love」にまとめられています。

 

バックをつとめていたのは、どちらも「ソウル・シンジケート・バンド」です。

 

1979年にはアメリカのカリフォルニア北部に移住をしますが、

その後も録音を続けていくるかのアルバムをリリースしています。

 

2000年以降もアルバムをリリース。

 

 

 

 

 

最後に

古くから活動を行っているアール・ゼロ。

2000年でもアルバムをリリース続けるという

現役アーティストになります。

彼らの「ルーツ・レゲエ」を是非チェックしてみて下さい。

また、昔と今の曲でどれくらい違うのかも気になるところですね。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.