アーティスト - ルーツ・レゲエ

グレゴリー・アイザックス (Gregory Isaacs)とは│レゲエアーティスト

投稿日:

古くからのレゲエアーティスト、グレゴリーアイザックス

映画ロッカーズでも出演されていた方です。

ラヴァーズからラスタな曲まで手掛けています。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

グレゴリー・アイザックス(Gregory Anthony Isaacs)とは

グレゴリーアイザックスは、クール・ルーラーという愛称がありました。

それは、フロントライン・レコーズと契約してリリースした「Cool Ruler」と言う曲からきています。

 

1970年代では、ボブマーリーや、デニス・ブラウンに次ぐ人気を

獲得していたほどの超人気アーティストです。

何曲ものビッグチューンを世に排出しています。

 

コカイン依存症でも有名です。長期にわたってコカイン依存していた彼は、

何度も逮捕されたうえ、歯はほとんど抜け落ち、キャリア後半は声質も変わってしまっていました。

 

 

 

 

 

歴史

1951年7月15日にキングストン、デナムタウン地区のゲットーで生まれました。

10代のころから音楽を志し、タレント・コンテストにはよく出場していたそう。

すると、プロデューサーのバイロン・リーらに見いだされ、

1968年にウィンストン・シンクレアとのデュエット曲、「Another Heartache」でレコードデビューを果たしました。

次に、ペンロー(Penroe)ブラムウェル(Bramwell)の3人でボーカルトリオ、コンコーズを結成。

しかし、あまり成果がでず1970年には解散してしまう。

その後はソロで活動を行っていきます。

 

1973年に、自身初のヒット曲「All I Have Is Love」をリリース。

これを機に、ミュージシャン仲間のエロル・ダンクリーとウェスト・キングストン地区に

「アフリカン・ミュージアム」というレコード店兼レーベルを設立しました。

この時期最大のヒット曲は、1974年にリリースした「Love Is Overdue」

自身初のヒットチャート一位を獲得した曲です。

 

1970年後半には、アメリカ合衆国やイギリスにもツアーに行くことになった。

そして1978年に「Cool Ruler」と1979年に「Soon Forward」をリリース。

1978年には映画「ロッカーズ」に本人役で出演しました。

 

その後80年以降ダンスホールレゲエ時代、

彼も臨機応変に対応し活躍を続けました。

 

2010年10月25日、サウス・ロンドンの自宅で息を引き取ります。

 

 

 

 

 

最後に

自身のレーベルから曲を手掛け、スタジオ・ワンとかほかのところでは

曲を作らないという他の人にはない部分を持っていたグレゴリーアイザックス。

彼には彼の信念、軸があるので、きっと彼を思うように動かすことは誰にもできなかっただろう。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.