アーティスト - ルーツ・レゲエ

アイジャーマン・リーヴィ(I jahman Levy)とは│レゲエ・アーティスト

投稿日:

ルーツ・ロック・レゲエ・ミュージック・アーティスト。

ボブ・マーリーと同じくジョー・ヒッグスの下で音楽の教育を受けた方です。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

アイジャーマン・リーヴィ(I jahman Levy)とは

レゲエ・ミュージシャン。

ルーツ・ロック・レゲエを主軸として活動を行っているアーティストです。

ボブ・マーリーもレゲエを教わったとされる

ジョー・ヒッグスの下で彼もレゲエを学びました。

 

そんな彼の代表的な有名作は、

1976年にリリースされた「Jah Heavy Load」です。

 

そしてその代表作が収録されているアルバムは、「Haile I Hymn」

 

 

 

 

 

 

歴史

1946年、I Jahman Levyこととレヴァー・サザーランドは

ジャマイカのマンチェスター、Christianaで生まれました。

上でも説明していますが、

彼の最初期の音楽教育は、ボブ・マーリー同様ジョー・ヒッグスから

レゲエ音楽を学んでいました。

 

1960年代初頭では、デューク・リードの下で録音をしたそうです。

1963年には、両親と共にイギリスに移住します。

ロンドンでは「ヴァイブレイションズ」を結成して歌を歌ったり

「ナイヤ・アンド・ザ・サンフレイクス」などのグループで歌っていました。

さらにソネットやジェイ・ボーイなどのレーベルから曲をリリースしています。

 

1966年と1969年に、彼はソロで「The Youth」という名で2曲シングルをリリースしています。

しかし数年の投獄生活を送ったのちに「アイ・ジャーマン・リーヴィ」と名乗るようになりました。

 

1976年頃から、「Charriot Of Love」「I Am A Levi」

デニス・ハリスのラッキーからリリースした「Jah Heavy Load」等のシングルで注目をされます。

このリリースされた一連のシングルと、

リコの「Man From Wareika」への参加がクリス・ブラックウェルの目に止まり

アイランド(Island)レーベルと契約しました。

 

1978年に上でも紹介をした「Haile I Hymn」

アルバム・デビューを果たします。

アイランドではもう一枚「Are We A Warrior」をリリースした後に

アイランド・レーベルを離れ、自身のツリー・ルーツ(Tree Roots)を設立。

ルーツ&カルチャーの軸を根に活動を行い、多作ではないが堅実にリリースを重ねていました。

 

 

 

 

 

最後に

ルーツ&カルチャーを軸として活動を続けてきたI Jahman Levy。

彼の曲からはもちろん古き良きのルーツを感じられることができます。

ルーツ好きは是非チェックをしていきましょう。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.