アーティスト - ルーツ・レゲエ

アイ・ロイ(I ROY)とは│レゲエ・アーティスト

投稿日:

レゲエ・ディージェイのI ROY。

ユーモアセンスのある内容で語るDeejay。

彼の実力は間違いない。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

アイ・ロイ(I ROY)とは

彼はDeejayの最初期の直後に続いた

自身のスタイル、真のオリジナル・Deejayの一人です。

そんな彼のスタイリッシュなディージェイの実力っぷりは折り紙付き。

 

 

 

 

 

 

歴史

1944年6月28日、I ROY ことロイ・リードはジャマイカのセントトーマス教区で生まれました。

彼は公認会計士というインテリだった。

 

Son's Junior Sound System での仕事をしている時に

Harry Mudieに発見され「I-ROY」として活動をすることに。

 

彼はU-ROYDennis Alcaponeから大きな影響を受けています。

名前もU-ROYから影響されています。

1971年に、彼は「The Drifter」「Heart Don't Leap」

「Let Me Tell You Boy」「Musical Pleasure」をシングルでリリースします。

1973年にはデビューアルバム「Presenting I Roy」です。

 

1976年には、「Virgin Records」と契約し、プリンス・トニー・ロビンソンの

制作で「Musical Shark Attack」「World On Fire」等アルバムをリリースしています。

 

1975年から数年のプリンス・ジャズボとの抗争は伝説となっています。

 

1977年にAlvin Ranglin がプロデュースしたBest of I ROY アルバムを含む

他の素材等リリースしています。

 

1980年代でも多くリリースしていますが、

レゲエのダンスホールへ変動していくと共に

I-ROYの人気が少し低下してしまったよう。

そのせいで経済的に彼に打撃を与えました。

 

1990年代では、彼自身のサウンド「ターボトロニック」の運営に力を入れて

活動を行っていきましたが、

1999年に心臓疾患で55歳という若さでこの世を去りました。

 

 

 

 

 

最後に

古くからの実力派Deejay I ロイ。

多くのディージェイを育てた功績は非常に多くの方からの評価が高いです。

彼がこの世を去ったときはレゲエ・ミュージック界に大きな打撃を与えました。

それだけ偉大な存在だった彼を、Deejay好きは是非チェックを。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.