アーティスト - ルーツ・レゲエ

ジェイコブ・ミラー(Jacob Miller)とは│レゲエ・アーティスト

投稿日:

ボブ・マーリーにも負けないほどの人気を誇っていたシンガー「Jacob Miller」

現在死してもなお多くのファンから愛されています。

ボブ・マーリーとは対照的なキャラをもつ

そんな彼に今回はフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ジェイコブ・ミラー(Jacob Miller)とは?

ロック・ステディ全盛期の頃から活動しているレゲエ・シンガーです。

独特な歌唱法で素晴らしい声を持ち、活き活きと歌うのが彼の特徴です。

残念ながらこの世を既に去ってしまっていますが、今もなお人気で

多くのファンから愛されています。


 

 

 

 

歴史

1952年5月4日にJamaicaのMandevilleで生まれました。

8歳の時にジャマイカのキングストンに移り、母方の祖父母に育てられます。

そんな彼の初のレコーディングは、ロックステディ全盛期の1968年です。

スタジオ・ワンで「Love Is A Message」をレコーディングしました。

しかしこの歌はあまり成功せず、コクソン・ドッドからも注目をされませんでした。

 

彼が注目を得るようになるのは、

オーガスタス・パブロのロッカーズとキング・タビーの最強コンビで

「Love Is A Message」を大胆にリメイクしたときからである。

以後ロッカーズからは、「Baby I love You So」「Who Say Jah No Dread」等の

レゲエを代表するような名曲が生まれ、タビーによるダブも全曲制作されました。

これ等のシングルは、かなり評判を得た。

そんな成功から、インナーサークルのリードシンガーとなります。

ラスタファリアンである彼のルーツ・レゲエと、

米国のポップスやロックを演奏するホテル・バンドとが融合することになります。

その後も、ロッカーズだろうがインナー・サークルだろうが、クリスマスソングだろうが、

彼の歌声を前にしてしまえばなんにでもOK。それくらいの歌唱力により人気の熱は冷めることはなかった。

 

そんなミラーにみなが希望をもつなか、1980年に残念ながらこの世を去ることになる。

これには、島のみんなが涙したそう。

 

 

 

 

 

最後に

力強くも独特で頭に残る優しいヴォイス。

歌も非常に頭に残るものが多い。

大人気で皆から希望に魅せられていたミラー。

冷めることのないファンの愛を基に、これからも彼の歌を聞いていきましょう。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.