アーティスト - ダンスホール・レゲエ アーティスト - ルーツ・レゲエ

ジョニー・オズボーン(Johnny Osbourne)とは│レゲエ・アーティスト

投稿日:

ダンスホールのゴッドファザー

レゲエ初期時代から常に第一線で活動を行っているジョニー・オズボーン

何度も来日しています。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

ジョニー・オズボーン(Johnny Osbourne)とは?

ジョニー・オズボーンは、ダンスホール・シンガーのイメージが強いアーティストです。

ダンスホール時代に最もニーズがあった人として知られております。

といっても、活動はレゲエ初期時代の頃からなので、ルーツレゲエも歌っていた時があります。

それはスタジオ・ワンから1980年にリリースしたアルバム「Truths And Rights」です。

同時期にリリースされた、ジャミーズからの「Folly Ranking」「Fally Lover」などのアルバムは

ルーツ色の濃いアルバムになっています。

 

 

歴史

1948年にジャマイカで生まれました。

彼は、ワイルド・キャッツのリードボーカリストとなりました。

また、テクニークスのメンバーとして活躍するウィンストン・ライリーの元で

歌手としてのキャリアを20代前半でスタートさせました。

 

その後コクソンドッドの元、スタジオ・ワンで彼のデビューシングル「All I Have Is Love」をリリース。

ウィンストン・ライリーとバスター・ライリーが新しいレーベル「Techniques」を設立すると、

ジョニーは、そこで活動をスタートした。

ジョニー・オズボーン&ザ・センセーションズでリリースした「Come Back Darling」

彼らにとっての最初の大ヒットになりました。

そんな「Come Back Darling」のアルバムをリリースした後に

ジョニーは、カナダのトロントへ旅経ちました。

 

様々なソウルやレゲエのグループで歌った後、彼はIshan Peopleのリードボーカルとなり

2枚のアルバムをリリースしました。

そのグループは1979年に解散し、ジョニーはジャマイカに戻ることにします。

 

帰国後は、スタジオ・ワンのレーベルから「Forgive Them」「Jealousy Heartache And Pain」をリリース。

1979年後半から1980年初頭まで、彼はドッドの元で多くの録音を行いました。

そんな1980年、アルバム「Truths & Rights」がリリースされましたが、

それはスタジオ・ワンの復活に貢献した傑作として認められました。

 

デビュー録音から11年、ジョニー・オズボーンはジャマイカの代表的なシンガーとなっていました。

 

その後もダンスホール期に入っていく中、

人気は衰えることなくヒットを続けてリリースしていきます。

こうしてダンスホールのゴッドファザーとなっていったのです。

 

 

 

最後に

ダンスホールのゴッドファザーの歌声をしかと聞いてみて下さい。

レゲエ初期の頃のルーツ色が濃い歌、確かにずっしりした感覚がある中にも

ジョニー・オズボーン特有のメロウな感じが認められます。

それがまた癖になる事間違いないでしょう。

是非ダンスホールの曲のみならず、申し越し掘ったルーツ色のある曲を聞いてみるのも良いと思います。

-アーティスト - ダンスホール・レゲエ, アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.