アーティスト - ニュールーツ・レゲエ アーティスト - ルーツ・レゲエ

プリンス・アラ(Prince Alla)とは|レゲエ・アーティスト

投稿日:

プリンス・アラ(Prince Alla)は

ルーツ・レゲエ・アーティストです。

ラスタファリでもあります。

ラスタの影響を受けた後に

現在の活動名が決定され活動をしました。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

プリンス・アラ(Prince Alla)とは

彼は、1950年にジャマイカのキングストンで

キース・ブレイクという名で生まれました。

 

彼のレコーディングキャリアは、

ミルトン・ヘンリーらとの

ヴォーカル・グループ

リーダーズの一員として、

1977年頃ジョー・ギブスの基で開始しました。

「Hope Someday」「Sometimes I Sit & Cry」

をレコーディングしました。

 

このころの曲はまだロックステディです。

同時期にキース・ブレイクの名前で

ソロでもレコーディングしました 。

 

1969年に、プリンス・エマニュエルの弟子となり、

ラスタファリのコミュニティに関わるようになります。

 

そして1975年に古き友人でもある

バートラム・ブラウンがレーベル

フリーダム・サウンズを設立し、

彼と組んでルーツ・レゲエの曲を

生み出すようになっていきます。

そこから、フリーダム・サウンズの傑作が生まれていきます。

1990年代半ばに、イギリスの

ブラッド&ファイアのレーベルから

「Only Love Can Conquer(1976-1979)」

としてまとめられている。

 

キングタビーによるダブミックスがされた

12インチ盤「Stone」がリリースされますが、

レゲエ史に残る傑作の一つです。

 

1976年では、

リー・ペリーのブラック・アークスタジオで

タッパ・ズーキーのプロデュースの基

「Bosrah」というこれまた傑作をリリースします。

そして、ジョー・ギブスの基で録音した

「Naw Go A Them Buria」の別ヴァージョンでもある

「Funeral」もリリースします。

 

その後再びフリーダム・サウンズで

「Bucket Bottom」をリリースします。

これらは、ルーツ・レゲエ史に残る傑作です。

 

キング・タビーがミックスしているものも多々あり、

どれも聞き応え満載のものばかりです。

 

1990年、2000年代もルーツ・レゲエの

曲を世に残しています。

ジャー・ウォリアージャー・シャカ

基で傑作を残しています。

 

 

 

 

 

最後に

ルーツ・レゲエ史を語る上で

話題に上がる、数々の傑作を残してきた

プリンス・アラ。

UK・ルーツミュージックとの関わりが

多く、聞き応えが満載な曲に仕上がっている。

 

古き良きから最近んの曲まで

幅広くチェックしていきましょう。

-アーティスト - ニュールーツ・レゲエ, アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.