アーティスト - ルーツ・レゲエ

スライ&ロビー(Sly & Robbie)とは|レゲエ・アーティスト

投稿日:

スライアンドロビーとは、

世界的に有名なドラムとベーシストのコンビです。

伝説的なレゲエのリズムセクションです。

今回はそんな彼らにフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

スライ&ロビー(Sly & Robbie)とは

ローウェル・チャールズ・ダンパーこと

スライ・ダンパーによるドラム、

ロバート・シェークスピアこと

ロビー・シェイクスピアによるベース。

彼らのコンビである。

 

彼らは、新しいレゲエのリズムを作ったり、

最新を取り入れ続け、

常にレゲエのリズムの最先端にいました。

 

様々なアーティストの成功に携わっており、

レゲエの歴史を語る上では必ず外せない存在です。

 

スライ・ダンパーは16歳で

リー・ペリーのレコーディングに参加しています。

 

1970年代初めには

フレッシュ&ボーンズというバンドの

メンバーとして活躍をしていました。

 

ロビー・シェイクスピアは、

1972年にボブ・マーリーのアルバム

「Catch A Fire」に2曲参加しています。

 

1970年代半ばには、アグロヴェイターズ、

アップセッターズなどのレコーディング・セッションで

一緒に演奏するようになります。

 

これから二人のレゲエの革命が始まっていきます。

 

ピーター・トッシュジミー・クリフ

ツアーやレコーディングでさらに2人は接近します。

 

1970年代後半にスライのレーベル

タクシーで本格的にスライ&ロビーとしての活動を開始します。

グレゴリー・アイザックスブラック・ウフルらの作品で

レゲエのサウンドをかなり変化させていきます。

 

そんな彼らは、

ローリング・ストーンズ、セルジュ・ゲンズブール

グレース・ジョーンズ等海外アーティストの

レコーディングに参加しています。

 

19796年には

「ロッカーズ」リズムと呼ばれる激しいリズムを打ち出し

「ワンドロップ」に打ち勝ちました。

 

1980年代後半には、

UKレゲエのマキシ・プリーストの成功を支えたりした後

1990年代に入り、スライのっつくるドラムマシンとサンプリング

を多用したニュー・リズムがシーンの最先端となります。

 

新しいルーツ・レゲエ路線を手掛けたり

レゲエ・ミュージックの変化の節目には

必ず彼らがいました。

 

彼らはレゲエの歴史の進化の節目節目に

関係するビッグなコンビなのです。

 

 

 

 

 

最後に

彼らはレゲエの歴史を作るべく

生きてきたような存在です。

レゲエというジャンルには付いて回る程の

かなりビッグなコンビです。

今のレゲエがあるのも彼らのおかげレベル。

それくらいレゲエの進化に貢献してきた

偉大なるコンビになります。

是非彼らの事をもっと調べて、

レゲエというものを掘り下げてみて下さい。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.