アーティスト - ルーツ・レゲエ

ソウル・シンジケート(soul syndicate)とは│レゲエ・アーティスト

更新日:

ソウル・シンジケート(soul syndicate)は、

ルーツ・レゲエのバンドです。

ギタリストのEarl ”China” Smith

をリーダーとしたバンドになります。

今回はそんな彼らにフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ソウル・シンジケート(soul syndicate)とは

彼らもレヴォリューショナリーズ(スライ&ロビー)や

ルーツ・レディックスらと同じく古くから活動を行っており、

ルーツ・ロック・レゲエのバンドを語るうえでは

欠かせない存在である。

 

彼らは、メンバーの入れ替わりや

関わったアーティスト達があまりにも多く、

正確に挙げることが不可能なほどである。

まぁそれは彼らに限った話ではないだろうが。笑

 

彼らの代表作は、

1977年にEpiphany Records

というレーベルからからリリースされた

ファースト・アルバム

「Harvest Uptown / Famine Downtown」です。

 

彼らはソウルな面も持ち合わせており、

このアルバムでもその様子が伺えます。

 

そして全体的にゆったりとした

印象が感じられる曲たちになっています。

リラックスしながら聞くと

だいぶ気持ちよく聞くことができるでしょう。

 

アルバムの表題曲は、

日本語にすると

富あるアップタウン/貧しきダウンタウン」

で内容的にも深みのある

曲何ではないかと連想されると思いますが、

内容が濃くても曲自体はいたって明るく

ポジティブな印象を受ける曲になっています。

これがレゲエの力強さの魅力でもあるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

最後に

「stalag 17 riddim」はご存知ですか?

ダンスホール好きの方達のみならず

かなり有名なリディムですが、

実はこのリディムを作ったのは

彼ら「Soul Syndicate」なのです。

そういった観点から

ダンスホール好きの方達も、

彼らのことについて掘り下げて見てはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.