アーティスト - ルーツ・レゲエ

タッパー・ズーキー(Tapper Zukie)とは|レゲエ・アーティスト

投稿日:

タッパー・ズーキーは

ルーツ・ロック・レゲエのディージェイであり、プロデューサーです。

彼もまた癖の強い、我がMusicを貫き通す軸がブレないアーティストになります。

昔から素行の悪いRude Boyだったとか。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

タッパー・ズーキー(Tapper Zukie)とは

彼は1955年に生まれたジャマイカ、キングストンのレゲエディージェイかつプロデューサーです。

U-ROYなどの「第1世代」ではなく「第2世代」のディージェイになります。

そして当時の2大政党ジャマイカの労働党(JLP)と人民国家党(PNP)のうち、労働党(JLP)の支持者だったという。

 

そんな彼の有名なアルバムは、「MPLA」

 

 

 

 

 

歴史

1955年にジャマイカのキングストンで生まれたのち、子供の頃から音楽にはまっていきます。

彼は昔から、サウンドシステムに夢中になり入り浸っていまいした。

しかし、警察からマークされるほど素行が悪く、それを心配した彼の母親は、1973年に親戚のいるイギリスへ送ったそう。

 

彼がイギリスに行ってしまうことを知ったバニー・リーは、イギリスを拠点とするラリーローレンスに連絡をし、彼がレコーディングできるよう手配を行った。

それにより彼はイギリスに移住するも、そこで初のレコーディングを行うことができました。

そんな彼の初リリースは、「Jump & Twist」です。

 

その後はジャマイカに戻り、1975年Lloydie Slimのもとで「Judge I Oh Lord」,Lee のもとで「Natty Dread Don't Cry」をリリースしました。

そして1976年にリリースされたアルバム「MPLA」は、キングタビーのスタジオで録音されました。

 

彼は、自身のレーベル「Stars Record」を設立し、様々なアーティストのプロデュースを始めます。

そして、1977年に「Escape From Hell」「Tapper Zukie in Dub」という2つのダブアルバムをリリースします。

 

1980年代半ばThe Mighty Diamonds , Sugar Minott , Max Romeo等々のアーティスト達と協力し、プロデューサーとして多作の時期となりました。

 

その後もプロデューサー行に励み、コンスタントに活動を行っています。

 

 

 

 

 

最後に

彼も古くから音楽に携わり、自身が歌った後にはプロデューサーとしても成功するという王道の道を歩んでいます。

王道の道を歩みつつも、彼の音楽は特徴的で、軸がブレないところもいいところですね。

是非彼の様々な曲達をチェックして見てください。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-, ,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.