アーティスト - ルーツ・レゲエ

ザ・メディテーションズ(The Meditations)|レゲエ・アーティスト

投稿日:

ザ・メディテーションズ(The Meditations)は、

ルーツ・ボーカル・トリオです。

知名度、有名度がかなり広い訳ではありませんが、

紛れもなくプロヴォーカル・グループです。

今回はそんな彼等にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ザ・メディテーションズ(The Meditations)とは

冒頭でもお話ししましたが、

彼等はルーツ・ロック・レゲエ・ヴォーカル・トリオです。

メンバーは、アンセル・クリッドランド、

ダニー・クラーク、ウィンストン・ワトソンの3人です。

1975年に結成されたヴォーカルトリオです。

 

彼等の代表作は、1987年に

チャネル・ワンからリリースした

「Woman is Like A Shadow」です。

1万以上も売り上げを記録し、

ジャマイカで最大のヒットを記録しました。

 

ダンスホール・レゲエ好きの人もお馴染みの

この曲は、今もなおクラシック・レゲエとして

サウンドシステムの現場でプレイをされています。

 

上記の曲は、ラスタ色、ルーツ色はあまり強くないが、

アルバムの収録曲や、リー・ペリーとの楽曲などは、

ラスタ、ルーツレゲエにあふれた色の強い

楽曲となっています。

 

ブラック・アークの終焉期、

1978年に彼等はリー・ペリーの下でで楽曲をリリースします。

1979年にはタフ・ゴングからMilaclesをリリースします。

 

リンヴァル・トンプソンの下からリリースした

アルバム「No More Friend」は、

ルーツ・ロック・レゲエを確かに感じることができます。

 

また、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

バックコーラスを務めた時もありました。

 

1980年代には、

リンヴァル・トンプソンの制作による

「Carpenter Rebuild」がヒットしました。

 

アメリカやイギリス等での活躍も成功を収め、

ルーツ・ロック・レゲエ・ライブ・ツアーも

行なっています。

 

 

 

 

最後に

古くからの活動を行なっている

説得力のあるルーツ・レゲエ・ミュージックの

重き、ライブを実感してみたいものです。

ダンスホール勢に受けのいい曲から、

がっつりルーツ・ロック・レゲエの楽曲まで

ALLで是非聞いてみてください。

 

 

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.