アーティスト - ルーツ・レゲエ アーティスト - ロックステディ・レゲエ

トミー・マクック(Tommy McCook)とは│レゲエ・アーティスト

更新日:

トミー・マクックとは、レゲエのサキソフォニストです。

The Skatalitesの創設メンバーでもあります。

1960年、1970年代と、スカ、ロックステディ、ルーツ・レゲエのサックスを多く担当して活動を行っていました。

今回はそんな彼らにフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

トミー・マクック(Tommy McCook)とは

冒頭でも話したように彼は、ザ・スカタライツの創設メンバーでもありまた、デューク・リードの下スーパーソニックスを創設しました。

また、1970年代には、バニー・リーチャネル・ワンのスタジオにてザ・レボリューショナリーズと多くのセッションも行っています。

多くのところで活動を行っており、1960年代のスカ、ロックステディの楽曲や、1970年代のルーツ・ロック・レゲエの楽曲等数多くの楽曲でサックスを演奏しています。

オールディーズ、ジャマイカの音楽史で重要なサックス奏者と言ったらトミー・マクックと言っても過言ではありません。

それ程重要な役割を果たしてきたのが彼です。

 

 

 

 

 

 

歴史

彼は、1927年にキューバのハバナで生まれ、1933年にジャマイカに引っ越し、ジャマイカで育ちました。

少年期は、かの有名なアルファ・ボーイズ・スクールにて音楽の基礎を学び、11歳からサックス奏者としてのキャリアをスタートしました。

アルファ・スクールを卒業した後、エリック・ディーンズ・オーケストラへ入団します。

 

1954年に、仕事でバハマのナッソーに行き、マイアミへ行き、と仕事に励んでいた。

そんなマイアミにいた時、アメリカのジャズサックス奏者ジョン・コルトーン(John Coltrane)を聞いてジャズの虜になります。

 

1962年にジャマイカへ帰ります。

ジャマイカへ帰ると、何人かのプロデューサーから声をかけられ、レコーディングの依頼が来た。

その中にいたコクソン・ドッドは、彼と同じくジャズ好きだったため、その意気投合からかコクソン・ドッドの下で仕事を受けることに。

そこでアルバム「ジャズ・ジャマイカ」のセッションに参加し、1963年には初のスカ・レコーディングとして、後にスカタライツとなるメンバーたちとの「Exodus」が録音されました。

これを契機にスカタライツのメンバーとして数多くのレコーディングを行います。

 

その後のロック・ステディ期では、トレジャー・アイル・レコードにてスーパーソニックスを率いて活躍をします。

1970年代に入ってからは、バニー・リーの下でアグロべイターズの一員として活動を行います。

 

その後世界ツアーを行ったりもしていたが、1998年にアメリカで帰らぬ人となった。

 

 

 

 

 

最後に

彼はレゲエが誕生する前からジャマイカ音楽の最先端で活躍をし、ジャマイカ音楽の発展に対し非常に重要な役割を果たしている。

スカ、ロックステディ、ルーツ・ロック・レゲエのサックスの入っている曲を聞いた時は、是非彼の事を思い出し、「この曲のサックスを演奏しているのはTommy McCookか!?」時にしてみて欲しい。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ, アーティスト - ロックステディ・レゲエ
-, , ,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.