アーティスト - ルーツ・レゲエ

U・ロイ(U-Roy)とは│ルーツ・レゲエ・アーティスト

投稿日:

レゲエの初期時代から活動を行っている「U-Roy」

彼もレゲエが出来上がる過程で重要なアーティストです。

世界的にもヒットチャート1位を獲得したりしました。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

U・ロイ(U-Roy)とは

U-Royは、ジャマイカのレゲエ・ディージェイです。

レゲエにおけるトースティング技法を完成させた一人です。

そんなことから、「ラッパーの元祖」と評価もされています。

 

そして彼はDeejayであることから、

レゲエの文化であるサウンドシステムで曲を流しながら

歌を歌ったりMC的な事をしていました。

ディージェイのレコードを作るという発想がなかったところに、

彼のレコードを作ろうと思い立った人がいた。

それは、ロックステディ時代にスタジオ・ワンと張り合いが行われていた

トレジャー・アイルのオーナー、デューク・リードでした。

それから彼のレコードがリリースされ有名になっていきます。

 

 

 

 

歴史

1942年9月21日にキングストン、ジョーンズタウン地区に生まれます。

1961年頃には、ドクター・ディッキーズ・ダイナマイト・サウンドシステム

Deejayとして活動を開始します。

しかし、初期の活動はレコード運びなどの裏方がメインで仕事をしていたので、

本格的には、1965年頃のサー・ジョージ・ジ・アトミック・サウンドでマイクを握り始めてからと言う。

1967年には、キング・タビーより声掛けがあり、

キング・タビーのサウンドシステム「ホームタウン・ハイファイ」でディージェイを開始します。

その後の1969年に、キース・ハドソンの元で「ダイナミック・ファッション・ウェイ」をリリース。

彼の初デビュー作でありかつ、世界初のDeejayのレコードでした。

このデビュー曲はヒットすることがなかったが、

1970年にデューク・リードのもとでレコーディングした「Rule The Nation」「Wake The Town」

シングル7インチはなんと、チャートの1位2位を獲得。4万枚以上を売り上げました。

 

この後、デューク・リードはパラゴンスと共演するといったアイデアを出し、

これが名盤の「Version Galore」となりました。

これ以外でU-Royの代表作としたら、1975年のルーツ・レゲエをバックに歌った

「Dread In A Babylon」などになります。

ちなみにこの曲で彼はメジャーデビューを果たすことになります。

 

その後は、彼自身のサウンド、キング・ステレオグラフを立ち上げ、

チャーリー・チャップリン、ジョジ―・ウェイルズらの次世代Deejayを育成しました。

キング・ステレオグラフは運営し続けられています。

 

 

 

 

 

最後に

Deejay初のレコードをリリースしたU-Roy。

ディージェイを知りたければU-Royを聞いて勉強するのも大いに良しと思います。

古き良きを知るってやつですね。

今のダンスホールDeeyayとは全然違った良さが見いだせる事でしょう。

是非U-Royをチェックし聞いてみましょう。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.