アーティスト - ルーツ・レゲエ

エチオピアンズ(Ethiopians)とは│レゲエ・アーティスト

投稿日:

エチオピアンズ(Ethiopians)は、ジャマイカのコーラス・グループです。

主にスカやロックステディ、初期レゲエなどの歌を歌っていました。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

エチオピアンズ(Ethiopians)とは

エチオピアンズは、ジャマイカのコーラス・グループ。

元々はトリオだったが、すぐにデュオになりました。

というのも、1975年にメンバーのスティーブン・テイラーが

交通事故で他界してしまったのです。

 

 

 

 

 

歴史

エチオピアンズは、1966年に結成されました。

この頃、アフリカ回帰という強いメッセージに

期待を寄せる時期であったが故か

「Train To Skaville」「Ecerything Crash」からは

そういった高揚感を少しにおわせています。

 

1970年の中頃まではシングル・リリースを中心に活動を続けます。

1977年で「Slave Call」というルーツ・レゲエのアルバムをリリースします。

ナイヤビンギからカヴァーまで様々な物が詰め込まれています。

プロデューサーはナイニー・ザ・オブザーヴァー、エンジニアにエロール・ブラウンです。

ルーツ好きは必聴です。

 

 

1980年代はしばらく活動を休止します。

1991年に「On The Road Again」で復活をします。

 

しかしメンバーが抜けて一人になってしまうも、

特徴的な太いヴォーカルは変わりません。

 

ライブ活動も再開されたようですが、

2011年に残念ながらこの世を去りました。

 

 

 

 

 

 

最後に

ルーツ好きは上記で紹介したアルバムは是非聞いてみて下さい。

ナイヤビンギで当時の情景が浮かび上がってくるでしょう。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-, ,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.