アーティスト - ルーツ・レゲエ

シルフォード・ウォーカー(Sylford Walker)とは│レゲエ・アーティスト

投稿日:

シルフォード・ウォーカー(Sylford Walker)は

1970年代からレコーディングを行っていた

レゲエ・シンガーです。

ジャンルとしては、ルーツ・ロック・レゲエです。

今回はそんな彼にフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

シルフォード・ウォーカー(Sylford Walker)とは

ルーツ・ロック・レゲエのシンガーです。

彼もまた深みのあるアーティストです。

 

有名な曲としては、

1975年に、

ジョー・ギブスの下でシングルリリースした曲になります。

 

また、代表的な曲としては、

もあります。

これは1970年代ジャマイカの

最高のガンジャ・アンセムです。

 

 

 

 

 

歴史

彼は1955年にジャマイカの

Saint Andrewで生まれました。

 

9歳になると、キングストンに移住します。

そこで彼はグレン・ブラウンと共同作業を始めていきます。

 

グレンブラウンの録音で

彼の代表作と言われているのが、

上でもお話した「Lambs Bread」です。

 

これは、「Save The Our Nation」のリズムで

歌われています。

意味は、(守ろう、俺たちの国)といった意味です。

 

しかし、彼の初リリースは

1975年のジョー・ギブスの下でのものでした。

それは、上でも挙げた「Jah Golden Pen」

「Burn Babylon」です。

 

その後にグレン・ブラウンのもと

「Lamb's Bread」「Eternal Day」

などのシングルをリリースしていきます。

 

彼のデビュー・アルバム

「Lamb's Bread」

これは、グレン・ブラウンプロデュースのもと

キング・タビーがミックスしたもので、

1978年に録音はされましたが、

Greensleeves RecordsShanachie Records

リリースするまでリリースされませんでした。

 

1980年以降に一度引退状態になりましたが、

2002年に復活して、再度シンガーとして活動をしています。

 

Addis Pablo のデビュー・アルバム

「In My Fathers House」

「Gideon Rockers」という曲のFeaturingもしています。

 

 

 

 

 

最後に

どっぷりルーツのアーティスト。

しかしながらデジタルやダンスホールが流行っていた

かつ本人は活動を休止中の1980年代に

アルバムがようやくリリースされるという

何とも歯がゆい状況でのアルバムデビューを果たしたアーティスト。

それでも評価されている分彼のルーツ・ロック・レゲエは

間違いのない内容であるという事がわかります。

 

是非チェックしてみて下さい。

-アーティスト - ルーツ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.