アーティスト - ロックステディ・レゲエ

ザ・ヘプトーンズ(The Heptones)とは│レゲエ・アーティスト

投稿日:

ロックステディ、レゲエのトリオ「ザ・ヘプトーンズ(The Heptones)」。

ロックステディのみならずルーツ・期の彼等もも逃せません。

そんな古くからの彼らに、

今回はフィーチャーしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ザ・ヘプトーンズ(The Heptones)とは

ロックステディ、レゲエのボーカルトリオです。

古くの1960年代から1970代初期頃に最も活躍をしていました。

元々は、機械系で働く「エアール・モーガン」と通信会社で働く「バリー・ルウェリン」のデュオでしたが、

そこに溶接系で働いていたエリロイ・シブルスが加わりトリオとなった。

 

メンバーは全員3人ともキングストンのトレンチタウンで生まれています。

最初のグループ名は「ヘプト・ワンズ」だったが、それが転化して「ヘプトーンズ」となった。

 

 

彼らは、コクソン・ドッドの下で多くのヒットヒットを出し、

そして、5枚のアルバムを残、1971年にスタジオワンの下を離れます。

 

その後は、ジョーギブス等数多くのプロデューサーの下で曲をリリースしていました。

 

1970年代中期、ハリー・Jやリー・ペリーのプロデューサーによって

英アイランドでアルバムをリリースしました。

 

アップセッターによる「Party Time」もルーツサウンド。

特に英トロ―ジャンで発売された「Cool Rasta」がド級にラスタ曲豊富で、サウンドもヘヴィなものになっています。

 

一連のアルバムの後、リロイ・シブルスはソロ活動に入ります。

第2期ヘプトーンズは1980年、チャンネル・ワンなどに多く曲を残しています。

 

 

-アーティスト - ロックステディ・レゲエ
-,

Copyright© DUB Steppers|レゲエ音楽とは?アンダーグランドReggaeブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.